よくある質問

Q. どうして無料なのですか?無料で大丈夫なのですか?

端的に申しますと、広告収入やマーケティングで得られる収入、そしてサービスのサポートを行うことで得られる収入で運営を行っています。

現在、世の中に出ている先進的なクラウドサービスはほとんどが無料ではじめられます。現在のIT産業においては、無料ではじめられるということは、それほど特殊なことではありません。そして、ペティカルは、動物病院様のみをターゲットにしたサービスではありません。今後、サービスを発展していくにあたり、一般ユーザーの方や、他の関連業務の方に向けたサービスも順次、開始していきます。

サービスが拡大していくに従い、広告収入が見込まれます。また、個人が特定されないマクロな観点からデータマイニングを行うことで、ユーザーの皆様が利活用するデータそのものがマーケティングのデータとして活用できます。(もちろん、プライバシーポリシーにございます通り、個人情報の取り扱いには万全を期しており、これらのデータを第三者に譲渡することはありません。)また、これらのデータを活用し、より適正な保険料率で保険事業等を行うことも視野に入れており、メインの収益源としては、サービスを運営することで得られる副次的な部分で見込んでおります。

Q. 正式版がリリースされた後も無料で利用できますか?

α版、β版のリリースが終了して、正式版がサービスインしてからも、基本的に利用者の皆様からお金を頂くことはありません。

ペティカルは、無料ではじめられるをコンセプトにして、開発を始めたサービスです。無料ではじめられるということを前提に、ビジネスモデルを設計しています。もちろん、寄付という名目でも構いませんので、利用者の全員にお金を払って頂けるに越したことはありませんが。

サポートを受けたいという方や、データの移行(Excel等でデータを整形すれば、簡単に移行できるツールは用意しています)をお願いしたいという方もいらっしゃいますので、そういう方向けの有料プランはご用意致します。とは言え、希望する方のみですので、無料で使い続けたいという方に向けて、フリーのプランも引き続きご用意致します。ご安心して、お使いいただければと思います。

Q. セキュリティは大丈夫なのですか?

ペティカルは、Amazon Web Services(以下、AWS)上にある仮想サーバ、及び仮想ネットワーク上に構築されています。AWSは、Eコマースで有名なAmazonが運営するクラウドサービスで、Amazon自身もこの巨大なプラットフォーム上に構築されています。自社のデータセンターで運用するよりも、はるかに低コストで、かつ高セキュリティなサーバ、ネットワークを利用できるため、ペティカルでもこれを利用しています。

また、お客様のPCとサーバ間のデータ通信については、AmazonをCA(認証局)とする、SSLによる暗号化を行っており、セキュリティには万全を期しています。

AWSのプラットフォームは金融機関でも利用されており、現在の多くのスマートフォンアプリのプラットフォームにもなっています。なお、PCI DSS v3.0 Level1や、SOC、ISO 27001:2013、ISO 9001:2008など、数多くのセキュリティ、品質基準にも合格しています。AWSのセキュリティ基準の詳細については、以下の資料をご覧ください。

変更履歴

  • 2016/05/09 初版